天国と地獄 4話 あらすじと感想(ネタバレ) 入れ替わりの理由が判明!?

ドラマあらすじ

今回、日高の新たな一面がわかってきましたね。私も彩子と同じように、日高という人間にますます興味がわきました。2話の感想で書いた日高についての予想が当たっていたところもありました。今回は前々回の2話の感想も合わせて読んでくださるとより面白いですよ!
2話の感想はこちら→https://kimiwahappy.com/post-534/
3話の感想はこちら→https://kimiwahappy.com/post-585/

スポンサーリンク

今回のあらすじ

彩子〈中身は日高〉がまた猟奇的な殺人を犯した。そして、その一部始終を撮った動画を日高<彩子>に送りつける。

恐ろしい殺人が、自分の体を使って行われたことに日高<彩子>は愕然とする。
翌朝、日高<彩子>は河原(北村一輝)に事情聴取を受ける。聴取が終わると、彩子<日高>は日高<彩子>に近づき、「今回の事件は立証不可能。良かったですね。」と告げる。

怒りを感じ、彩子〈日高〉の胸ぐらをつかむ日高〈彩子〉。その様子を見た河原は、二人の間に何かあるのでは?と疑惑を持つ。彩子<日高>を逮捕したい気持ちが募る彩子<日高>。しかし、日高が彩子の姿で殺人を犯した犯人である限り、元に戻ったとしても、自分自分は殺人犯となってしまう。

頭を悩ませる日高<彩子>に追い打ちをかけるように、後輩の八巻は協力を辞退すると言い出す始末。一方、(柄本佑)は、彩子の家で発見した“血まみれの防護服”のことで悩み、上司に相談される。

上司との会話から彩子<日高>が二重人格ではと疑う陸。しかし、彩子<日高>は、陸の疑問をさらっとかわした上、日高<彩子>が自分を演じられているか心配する余裕ぶり。

彩子<日高>の心配(?)通り、日高<彩子>は何もかも上手くゆかず社員から反感を買う。しかし、秘書(中村ゆり)のおかげで、信頼を取り戻す。一方、聞き込みを続ける河原は、事件当日、現場のマンションに入っていく女性を見たという目撃証言を得る。

感想~入れ替わりについての考察~

今日はとても気になる言葉が2点ありました。どちらも、彩子と日高が秘密の部屋で密会した場面で出てくるセリフです。日高という人間に、私も彩子同様、とても興味が湧いてきました。
それでは考察していきたいと思います。

まず一つ目。「あなたそうだったの!」という彩子の言葉。
日高〈彩子〉と彩子〈日高〉が密会した場所(外観からは一見スパである秘密の部屋)について、彩子〈日高〉は「見られたくない人がよく使う場所」と言いました。
そして「(秘書の)松木さん(中村ゆり)と来るの?」という日高〈彩子〉の質問に、彩子〈日高〉は「(部下の)富樫(馬場徹)とは。」と言いました。

それに対して日高〈彩子〉が言ったのが「あなた、そうだったの!」。”そう”というのは日高が男性を好きであるということだと察することができます。2話の感想で予想した通り、やはり日高は同性を恋愛対象とする人と思われます。

このドラマにはジェンダーやLGBTQといったこともテーマとしてあるのではないかと以前書きました。※この内容についての記事はコチラ→〈https://kimiwahappy.com/post-534/〉

そして、2つ目。「だから、私はアナタと入れ替わったんですね。」という彩子〈日高〉の言葉。
日高〈彩子〉が、自分が逮捕されてもいいと腹をくくった時、こう言います。
「上等だよ!この際、二人仲良く地獄行きといきましょうよ!それがあるべき世の姿なんだから!」と言います。彩子〈日高〉がめちゃくちゃ男前でした!

対して、彩子〈日高〉が「そうか、だから私はアナタと入れ替わったんですね。」と言うのです。これは、どういう意味なのでしょう?
私は最初、2話の感想でも書いたように、「女性になりたい日高と男性になりたい彩子だから入れ替わった」と思っていました。

でも、今回のこの言葉を聞くと、「日高は自分をきちんと裁いてくれる人を、自分の犯罪を止めてくれる人だから入れ替わった」という意味にも思えたのです。
今回の内容を見ると、日高は社会的にはとても人格者です。社員からも妹からも優しいと思われているし信頼されています。困っている人をたくさん助けています。

サイコパスにはそういう人は多いと聞きますから、犯罪者というもう一つの自分を完璧に隠すためとも思えますが、それだけなのかなあ・・・とも考えてしまいます。やはり、日高はもともと二重人格で、犯罪者である人格を止めてほしいと思っているのかも知れませんね。

今回、彩子も言っていましたが、私も日高という人間にすごく興味がわきました。
日高はとても人をよく観察しています。犯罪者ゆえとも言えるかもしれませんが、河原のことも「一番なりふり構わずがんばってきた人」と評価しています。彩子にはない視点で人を見ていますよね。

彩子はわりと短絡的に人を見ていて、ちょっと思いやりに欠けるところがあります。根は正義感の強いいい人なのでしょうが、一生懸命で周りが見えなくなるというのか。
そういう意味では日高とは正反対で、彼と入れ替わることでいろんな気づきがあると思います。それが殺人犯というのが皮肉なのですが。

このドラマは性別、人格、社会的役割、プライベートな自分、など様々な視点で「人間の多様性」が描かれているドラマだと感じます。

今後の予想

来週はどうなるんでしょうか。陸が彩子がコインロッカーを開けるのを目撃していましたが・・。陸は彩子を殺人犯と疑ったものの、今回はうまくかわされました。しかし、再び疑惑が湧き上がりますね。

次週の予告で、ドレスアップした彩子の姿が見られました。この姿は、コインロッカーと関係あるような気がします。もしかして、女性になりきって、男性とのアバンチュールを楽しんでいたりするのかもしれません。

また、予告編の字幕「隠れた正義が目覚める」というのは日高〈彩子〉が自分が逮捕されてもいい!と腹をくくったことを指しているのか、彩子〈日高〉のもう一つの人格が自分を止めるために正義が目覚めるのか、どちらも当てはまりそうです。二人で協力して真犯人を探すことになるのかもしれません。それが「自分」になるとしても!

また、陸と日高〈彩子〉が同席している場面もありました。私は陸がここで入れ替わりに気づくのではないかと思います。陸は彩子のクセをよく見て知っています。腕を組んで人差し指をトントントンとするあのクセ。あれが、陸と一緒にいるときについ出てしまうのではないかと予想します。

まとめ

  • 入れ替わりの秘密と思われる気になるセリフが2つある。
  • 日高が同性愛者だとさりげなくカミングアウトする。
  • 彩子が「自分が逮捕されてもいい!」と腹をくくる(とっても男前!)
  • 「多様性」が大きなテーマで、ジェンダーやLGBTQもテーマのひとつではないか。
  • 日高はやはり二重人格で、犯罪者であるもう一人の自分を止めたいと思っている。
  • 自分を犠牲にしてでも犯罪者を見逃さない彩子だったからこそ、日高と入れ替わった?

以上、天国と地獄4話のあらすじ感想(ネタバレ)でした。
この記事を読んでいただいてありがとうございます!来週も引き続きお楽しみに☆
●2話の感想はこちら→https://kimiwahappy.com/post-534/
●3話の感想はこちら→https://kimiwahappy.com/post-585/

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました