[恋はDeepに]海音(みお)の能力は人魚と同じ?石原さとみの歌声が聞けるか?!

ドラマ考察

「恋はDeepに」早くも5話ですね!海音(みお)の正体は明らかにされるのでしょうか?
ネット上では、予告で海音(みお)が言っていた「私人間じゃないんです!」に注目が集まっています。やっぱり人魚?まさかのファンタジー展開?とネットがざわついてますね。

そこで、今回は人魚の能力とみおの能力について書こうと思います。この能力が今後の展開に関わってくるかも?それでは、ぜひ読んでくださいね!

スポンサーリンク

みおの能力は人魚と同じ?測する今後の展開

ここでは、人魚の能力について書いていこうと思います。人魚にはどんな能力があるのでしょうか?

1. 魚と対話できる

海音(みお/石原さとみ)は度々、魚たちと会話をしていますね。今まではみおが語りかけて、それに魚が応えてくれる妄想のようなもの?とか思ってましたが、第5話では迷子の子どもがどこに行ったのかを魚たちに聞いて、見事に探し出していました。妄想ではなく本物の能力だったわけですね。

しかも、魚たちから星が浜の海を守るように頼まれている様子。研究員として働くのは後2ヶ月なので、あと2ヶ月したら、人魚に戻ってしまうのでしょうか?そしたら、倫太郎とはお別れ?
それは寂しすぎる・・・。

ファンタジー的ハッピーエンドなら星が浜の海が守られたら、人間になれる!というような展開もあるかもしれませんね☆

2. 深海まで平気で潜っていける

アンデルセンの人魚姫でも、人魚姫は王子を助けますよね。倫太郎が海で溺れた時、いつのまにか海辺に寝ていました。その時、みおが側にいましたが、実際にどのように助けたかはわかりにくかったですよね。本当に潜ったのかな?とか。

でも、第5話で、YouTuberが上げた動画にみおが海にどんどん入っていくところが映されていました。普通の人間であれば、まるで入水自殺の場面のようです。

しかし、みおは倫太郎を助けることができた。潜水服も身に着けずに潜って、倫太郎の手を取って陸に戻ってきました。どう考えても人間技ではありませんね!

3.歌声が美しい

人魚というのはもともとギリシア神話で出てくるセイレーンが有名なようです。
セイレーンは泳ぐ能力はもちろんですが、とても美しい歌声を持っているそうです。その声が美しすぎて、船員が聞き惚れて船が沈没してしまった、とか。

しかし、今のところ、みおの歌声がすごく美しいというような描写はないので、そこは人魚姫とは違うのでしょうか?

それともこれから、そんな場面が出てくるのかもしれませんね。海音の美しい歌声は聴いてみたいです。海音を演じる石原さとみさんは、普段の声も、少し高めで愛らしい声ですよね。

彼女の歌声は聴いた記憶がないですが、ひとつ思い出しました。NHKの朝ドラ「てるてる家族」です。当時の石原さとみさんは、まだメイクもあまりしてない初々しい少女でした。

朝ドラでは初めてのミュージカル仕立てのどらまでしたね。両親役の岸谷五朗さんと浅野ゆう子さんが歌って踊っているイメージが強いですが、石原さとみさんもちゃんと歌っています!ピンキーの格好も似合ってます!ぜひご覧ください(^^)→https://youtu.be/Kga8Rak0Wt4

今後、今回のドラマの中でも海音の歌声が披露されるシーンはあるのでしょうか?倫太郎とカラオケ行くとか?カラオケはご時世的にちょっと考えづらいシチュエーションでしょうか?

もしくは、倫太郎と二人きりのときに、口ずさむとか。個人的には倫太郎さん(綾野剛)にも歌ってほしいですね。綾野剛さんの声もとても素敵ですよね。

二人きりのときに、海音の口ずさむ歌を聞いて「その曲俺も知ってる。死んだ母さんが歌ってたんだ。」とか言って、二人で自然に口ずさむように歌うシーンが見てみたいです(*^^*)

まとめ

  • 人魚の能力は「魚と対話できる」「海深く潜っていける」「歌声がとても美しい」の3つ
  • 海音の能力は「魚と対話できる」「海深く潜っていける」の2つは明確。
    しかし、歌声はまだ披露されたことはない。
  • 魚との対話から、海音は海の生物たちに頼まれて彼らを助けるために地上に現れた。
  • 地上にいる期間はあと2ヶ月。2ヶ月経てば人魚になって海にもどる?
  • 歌声が美しいかどうかはまだわからない。これから海音の歌声が聴ける展開があるかも?

まだまだ、謎が多いこのドラマ。恋愛ドラマですが、なかなか珍しい展開となっているようですね。ちょっとファンタジックで外国のドラマのようです。明日の放送(6話)では、また海音と倫太郎の距離がますます近づきそうで目が離せませんね!

歌声が披露されるかどうかも要チェックです!
今日もこちらのブログを読んでいただいてありがとうございました!

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました